環境計画

1) 環境基本計画

平成18年4月に閣議決定された第3次環境基本法は、今日の社会と環境の状況を踏まえて、「環境の世紀」としての21世紀をより良き100年としていくための理念と道筋をはじめ、今後の環境保全に関する総合的かつ長期的な大綱などが示されています。

同計画に基づき、国は各行政部門において環境保全の施策を一層強力に進め、同時に、この環境基本計画の基本的な方向と取組の枠組みが社会のすべての主体によって共有され、取組が着実に進められることが期待されています。

すなわち、国民一人一人やいろいろな民間団体、事業者、地方自治体と国が協力し合い、すべての構成員が参画することによってこれらの目指すものの実現が可能となるとしています。

当社では、これまでに培った環境関連計画策定の豊富な経験により、行政と地域住民に大いに活用される計画とネットワークづくりを提案します。


環境基本計画(環境省HP)

http://www.env.go.jp/policy/kihon_keikaku/

  

沖縄県環境基本計画(沖縄県HP)

http://www.pref.okinawa.jp/site/kankyo/seisaku/kikaku/3518.html

  


環境基本計画

2) 河川環境計画

平成9年6月に河川法が改正され、その目的に従来の治水・利水に加えて、新たに「河川環境の整備と保全」が位置づけられるとともに、河川整備計画の策定に当たり住民の意見を反映していく手続きを導入し、同年12月に施行されました。

これに伴い、治水・利水を重視した従来型の河川整備を転換し、環境も積極的に見据えた河川の整備や自然環境の保全を図る必要があります。

これらの川づくりは、それぞれの川が持っている潜在的な特性を見出した上で、そこにもっともふさわしい自然にやさしい川づくりでなければなりません。

当社では、河川整備計画策定業務の豊富な実績とノウハウを活かし、治水・利水及び環境(生態系、水質、アメニティー等)の総合的な観点から、河川整備における調査・計画をお手伝い致します。


 



3) 道路環境計画

道路環境の整備に当たっては、沿道のみどりを復元したり、希少な動植物を移植するばかりでなく、時には自然地域を回避したり、道路構造を工夫して自然改変面積を最小限に抑えたりすることが求められます。

共用後の動物事故死(ロードキル)などにも配慮する必要があります。また、工事や共用による環境負荷を少なくし、リサイクルに気を配ることも重要です。


ヤンバルのロードキル対策(沖縄県北部土木事務所維持管理班)

http://www.hido.or.jp/14gyousei_backnumber/2010data/1005/1005chiiki-okinawaken.pdf



 



※ エコロードとは、自然(生き物)に配慮した道路のことです。

4) 環境保全対策

私たちの周りには、藻場や干潟をはじめ、河川・湖沼・森林などの自然環境から都市緑地、公園をはじめ工場・事業場の池など身近な自然の中に様々な「ビオトープ」が存在しています。

当社は、残された貴重なビオトープの保護、保全および積極的な復元・創造をお手伝いします。

ビオトープ創造技術は、海域・河川・湖沼の調査・コンサルタント会社として長年にわたって培ってきた環境改善・創造・設計等の多方面に及ぶ技術と経験を活かし、地域の自然環境、社会環境を踏まえ、生物生息場、水質浄化、防災、親水等の複合的な機能を有するビオトープの創造を実現します。また、維持管理・効果評価等の手法についても、併せてご提案させていただきます。

一般市民にとって身近であり、理解しやすい環境策のひとつであるビオトープ創造の環境教育、PR面での運用についてもサポートいたします。


児童教育用素材「おしえてビオトープ」(環境省HP)

http://www.env.go.jp/nature/biodic/eap61/index.html


沖縄県の子供向け環境副読本「うちなーのかんきょう」(沖縄県HP)

http://www.pref.okinawa.jp/site/kankyo/seisaku/kikaku/3675.html

 




※ ビオトープとは、その場所の特性に応じた特定の自然生態系が成り立つ生物の生息空間を示す言葉です。

資源開発

資源(海洋・地下・水・エネルギー)に関する調査研究

当社では、各種の新エネルギーの導入や省エネルギーの推進に係る各種関連調査を行っております。

 



地域開発

1) 交通計画、都市開発、地方計画、コミュニティ計画、レクリエーション体系計画、廃棄物処理システム等に関する調査研究

少子高齢化や高度情報化が急速に進展する今日、ゆとりと豊かさが真に実感できる社会生活の舞台として都市を捉え、安定・成熟した「都市型社会」の実現を目指すことが求められています。

当社は、これまで蓄積した豊富な経験とGISなどの最新情報技術を活かし、地域社会が抱える多様な課題を的確に捉え、長期的な展望や将来像を追及し、安らぎと優しさを備えたこれからのまちづくりを提案していきます。

  

GISとは(国土地理院HP)

http://www.gsi.go.jp/GIS/whatisgis.html

  

2) 地域環境管理システム、土地利用計画、農地開発、農漁業構造改善、工業立地、海洋環境等に関する調査研究

地域環境管理システム、土地利用計画、農地開発、農漁業構造改善、工業立地、海洋環境等について、幅広いコンサルティングの経験と情報化技術を駆使し、総合的なアプローチによる調査・計画を提案します。

シミュレーション

大気拡散・水質拡散・騒音・振動・潮流・景観・漂砂・航空機騒音等

様々な開発行為に伴って環境は変化します。この環境の変化を考えて適切な計画を立てるためには、事前に環境変化を予測し、十分な環境の検証をしておく必要があります。

当社では、大気拡散・水質拡散・騒音・振動・潮流・景観・漂砂・航空機騒音等各種の「数値シミュレーション」によって、より精度の高い環境変化の予測を行ない、環境への十分な配慮をお約束します。





将来予測及び環境保全対策の解析・検討

1)ミデゲーション手法の検討

予測、評価結果をもとに、動植物、生態系への影響を緩和するための適正なミデゲーション手法を検討、提案します。

 



2)環境保全措置の計画、設計、監理計画

自然環境の保全、復元、創出等に関する環境保全措置の計画、設計、設計監理を行います。

3)事後調査(モニタリング)

事後調査の計画立案及び調査を行い、環境保全措置の効果等について、解析、評価します。また、解析結果をもとに環境保全措置の改善点等について、検討、提案します。

  

ミティゲーションとは(EICネット)

http://www.eic.or.jp/ecoterm/?act=view&serial=2509

景観モンタージュ

 当社の豊富な経験と技術により、現実に即した景観予測を行い、計画の検討や計画をスムーズに進めるお手伝いをいたします。

 
 実施前
 
 
 実施後